スポンサーリンク

2020 J1 第19節 vs 横浜FC

2020/09/26 J1 第19節 vs 横浜FC@埼玉スタジアム2002

7000人数上限のホーム2試合目。
観客は6401人。
この試合もチケットは完売だが、フルに埋まらず。

スタメン
____レオナルド___杉本____
関根_________________柏木
__エヴェルトン__柴戸_____
山中____槙野__岩波___デン
___________西川__________

サブ
鈴木(彩)、宇賀神、長澤、マルティノス、汰木、武藤、興梠

前回のホームゲーム、川崎戦と同じメンバ。
違いは、サブの福島 -> 鈴木(彩)、岩武 -> 宇賀神だけ。

前節、清水戦からは、スタメン5人が変更となっていますが。

 

前半

開始早々、槙野からのボールを受けた杉本が相手ゴールを急襲するも、枠外。

以降は、浦和がボールを持たされている感。
連戦のせいなのか(相手も同様だが)、パスミスが多発。

16分。
西川のキックがそのまま相手に渡り、ペナルティエリア手前にいる選手へパス。
受け手はその位置からシュートを放ち、ゴール隅に決まって失点。

35分。
右サイド、ハーフライン付近からのスルーパスを通されて、あっさり2失点目。
柏木が負傷でピッチ外にいる隙を突かれた形。

 

後半

後半開始から、エヴェルトン -> 汰木、岩波 -> 宇賀神と交替。
デンが右CB、宇賀神が右SB
柏木 中央で、左 汰木、右 関根

さらに
59分 杉本 -> 興梠

と、なんとなくミシャ式っぽい布陣。
全てを柏木経由にして、リズムを作る形。

84分 山中 -> マルティノス、関根 -> 長澤
宇賀神が左SB、長澤が右SB。

マルティノス右からのクロスに、汰木が飛び込んだのが、最後の見せ場か。

なすすべなく敗戦。0-2。

 

後半の布陣、前半に比べると、ゴール前に迫る数も増えたものの、これを捨てる道を選んだのではなかったか?
この試合だけのヤケクソなのか…打つ手がこれだけしか無かったのか。
選手がこの形を望んだのか、監督の采配なのか。
疑問は色々残りますが、この先、どうなることか…

 

ダイジェスト(公式)

明治安田生命J1リーグ 第19節 浦和レッズ vs 横浜FC【MATCH PARTNER ファミリー引越センター株式会社】

 

 

コメント