スポンサーリンク

2020 J1 第15節 vs 鳥栖

2020/09/09 J1 第15節 vs 鳥栖@埼玉スタジアム2002

5000人制限、ホーム7試合目。
観客は4398人。
チケットは完売だが、毎回4500人を上回ることがありませんね。

この試合から、手拍子・横断幕が復活。

対戦相手の鳥栖は、コロナ禍により1か月ほど練習や試合を中断しており、この試合が前節 横浜FC戦に続く2戦目。

スタメン
____レオナルド___興梠____
関根_________________柏木
______青木______柴戸_____
岩武____槙野__デン___橋岡
___________西川__________

サブ
鈴木(彩)、山中、岩波、長澤、エヴェルトン、武藤、杉本

 

前半

左サイド、岩武の裏を取られてクロス。ヘディングからあっさり失点。

同点に追い付きたい浦和だが、攻めの形を作れず。
柏木 右SHでリズムを作ろうとするも、周りと今一つ噛み合わず。

惜しいと思えたのは、1回くらいか。
レオナルドのパスを受けた興梠がゴールに迫るものの、シュートにまで至らず。

 

後半

開始早々に浦和の同点弾。
関根のシュートをGKが弾き、右にそれたボールを興梠が拾ってゴール。
変にこねずにシュートしたのが良かったのかも。

しかし、再び失点。
右サイド、人数はいたものの抜け出されてペナルティエリアちょい外からシュート。
西川が弾いたボールを拾われてシュート。やったら、やり返された形。

62分 柏木 -> 武藤、青木 -> エヴェルトン
65分 興梠 -> 杉本

相手も選手交代を重ね、徐々に殴り合いの形に。
岩武のパスを受けた武藤が、左から切り込み。右に巻いたシュートを放ち、これが決まって同点。

82分 岩武 -> 山中

逆転を狙って山中を投入するも、そのままドローで終了。
なんとかギリギリ追い付いた、というのがせいぜいか。

 

ダイジェスト(公式)

明治安田生命J1リーグ 第15節 浦和レッズ vs サガン鳥栖【MATCH PARTNER 株式会社ナイキジャパン】

 

 

 

コメント